狩足窯

ごあいさつ

三浦聖峯みなさんはじめまして「三浦聖峯」です。
ただいま、下田市あずさ山の家狩足窯で、日々製作に励んでいます。狩足窯では同じ敷地内に宿泊施設もあるので朝から晩まで陶芸三昧が出来ます。やる気のある方は
ぜひ、陶芸三昧にチャレンジしてください。
一生の記念になるような大作が出来ます。
旅のプランのひとつに加えると、楽しさがいっそう際立つことと思います。どうぞお気軽にお越しください。

プロフィール

19??年 埼玉県に誕生。小学生の時に偶然見たテレビ番組で伝統工芸に魅力を感じ、中学生の時に、美術の時間に製作した「物を持つ手(紙粘土作品)」で、市の広報誌に取り上げられました。これをきっかけに、粘土細工に一層の興味が沸き、その喜びが現在の制作活動の原点になっていると思います。
19??年 明星大学 日本文化学部 入学
1~2年生時は、芸術全般(陶芸・ガラス・日本画 など)を体験し、紆余曲折を経て、
陶芸の道に・・・特に「注器」・・・
19??年 卒業制作「急須 土瓶づくし」を発表。
19?? 同大学研究生の道へ。一年間、大物つくりや大学祭事に精を出す。
20??年 青梅の製陶所に勤務。陶芸の猛者たちに囲まれ、陶芸のなんたるかという疑問に日々さいなまれ、人間性と技術に大きな影響を受ける。この経験が陶芸家としての、心構えの礎となっております。
20??年 南伊豆 岩殿寺窯勤務
岩殿寺窯を任され・経営・注文品の作成を勤める。この頃、沢山の人に接し、地元の人々との交流の大切さを知り、その人間性の成長が作風にも現れ、芸術家としても大きな進歩になったと、よく言われます。
20??年 あずさ山の家 狩足窯誕生!
あずさ山の家より、協力の要請がありました。参加することになりました。

現在、あずさ山の家で、陶芸講師を務めながら、施設内で使用する器や、陶芸家「三浦聖峯」としての作品を制作しております。

【最近の作風】
12年間、器中心にろくろ形成が主になっておりましたが、手びねりの作品に心を奪われることが多くなっている自分に気づきました。茶香炉やランプシェードなどのオブジェ的作品も、意欲的に取り組んでおります。
今の私の作品は今しか作れません、作風は日々変化します、それは、幼子の成長のように、僅差であったり、大胆であったり・・・

東京神田「ギャラリー聖」で常設展示しております。

ページのトップへ戻る